日本学術会議ニュース・メールNo.329

 
=======================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.329 ** 2011/12/22 
=======================================================================
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 日本学術会議九州・沖縄地区会議学術講演会「宮崎の資源を活かした研究の
  展開-宮崎から世界への発信-」の開催について(お知らせ)
◇ 公開シンポジウム「日本そして世界へのメッセージ―3.11東日本大震災・原
 発災害後の社会福祉学と社会学から―」の開催について(ご案内)
◇ 第2回科学技術教育フォーラムの開催について(ご案内)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■---------------------------------------------------------------------
 日本学術会議九州・沖縄地区会議学術講演会「宮崎の資源を活かした研究
の展開-宮崎から世界への発信-」の開催について(お知らせ)
----------------------------------------------------------------------■
◆日 時:平成24年1月27日(金) 14:00~16:00
◆場 所:ニューウェルシティ宮崎
     (宮崎市宮崎駅東1丁目2番地8)
◆主 催:日本学術会議九州・沖縄地区会議
◆共 催:宮崎大学、九州保健福祉大学、高等教育コンソーシアム宮崎
◆後 援:宮崎県教育委員会、宮崎市教育委員会、財団法人日本学術協力財団
◆次 第:
 14:00~14:10 開会挨拶
          春日 文子(日本学術会議副会長) 
          菅沼 龍夫(宮崎大学長)

 14:10~15:50 学術講演 
        「太陽光発電、日本一を目指して~宮崎大学の取り組み~」
                  西岡 賢祐(宮崎大学工学部・准教授)

                「宮崎県の海産物資源の中に虚血性心疾患予防物質を探す」
                  山本 隆一(九州保健福祉大学薬学部・教授)

 15:50        閉会挨拶
                  吾郷 眞一 日本学術会議九州・沖縄地区会議代表幹事

 ※参加無料
  ※詳細はこちら
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/142-s-0127.pdf
 ※お問合せ先:
     宮崎大学研究国際部研究推進課研究推進係
   TEL:0985-58-2882  FAX:0985-58-2896

■---------------------------------------------------------------------
 公開シンポジウム「日本そして世界へのメッセージ――3.11東日本大震災・
原発災害後の社会福祉学と社会学から――」の開催について(ご案内)
----------------------------------------------------------------------■
 2011年3月11日に発生した東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故から、
年が明けると10ヶ月になろうとしている。しかし、被災地の復興と被災者の生活
再建は、依然として困難をきわめている。
 この間、少なくない社会福祉学者・社会学者たちが、大震災の被災地と被災者
の支援を行い、研究活動に関わり、研究発表を行ってきた。とはいえ社会福祉学
者と社会学者が共同で、また社会福祉学系団体と社会学系団体が共同で、震災・
原発問題に取り組んだ機会はほとんどない。チェルノブイリ原発事故を踏まえた
リスク社会論は、ある程度社会学に位置づいたとはいえ、阪神淡路大震災を踏ま
えた社会学理論の確立はまだまだである。2014年には、世界社会学会議が横浜で
開催される。日本の社会福祉学・社会学者たちは、日本国内と世界へむけて何を
発信し、提起すべきなのかが問われている。
 シンポジウムでは、社会福祉学と社会学のそれぞれの立場から、震災・原発問
題への支援、研究、提言をめぐる諸課題と、それらをふまえていかに日本国内と
世界へ情報発信すべきかを、議論し検討したい。

◆日 時:平成24年1月22日(日)14:00~17:00
◆場 所:日本学術会議講堂
◆主 催:日本学術会議社会学委員会社会学コンソーシアム分科会
     社会学系コンソーシアム
◆プログラム:
 開会挨拶(14:00~14:10)
  庄司 興吉(社会学系コンソーシアム、清泉女子大学文学部教授)

 発 表(14:10~15:30)
  山下 祐介(日本社会分析学会、首都大学東京都市教養学部准教授)
  野口 定久(日本学術会議連携会員、日本社会福祉学会、日本福祉大学
        社会福祉学部教授)
  本多 創史(社会事業史学会、東日本国際大学福祉環境学部准教授)
  浅川 達人(日本都市社会学会、明治学院大学社会学部教授)
  佐藤  恵(福祉社会学会、桜美林大学リベラルアーツ学群専任准教授)

 休 憩 (15:30~15:45)

 討論者(15:45~16:00)
  田中 重好(日本社会学会、名古屋大学大学院環境学研究科教授)

 全体討論(16:00~16:50)

 閉会挨拶(16:50~17:00)
  今田 高俊(日本学術会議第一部会員、社会学コンソーシアム分科会委員、
        東京工業大学大学院社会理工学研究科教授)

 司 会
  橋本 和孝(社会学系コンソーシアム、関東学院大学文学部教授)

 コーディネーター
  野宮大志郎(日本学術会議連携会員、社会学コンソーシアム分科会委員長、
        上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授)

  詳細については、以下のURLを御覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/142-s-1-1.pdf

◆参加無料、事前登録不要

◆問い合わせ先:社会学系コンソーシアム事務局 
       電話:03-3238-3567 E-mail: socconsortium@socconso.com

             日本学術会議事務局第一部担当 
                小林(TEL:03-3403-5706)

■---------------------------------------------------------------------
 第2回科学技術教育フォーラムの開催について(ご案内)
----------------------------------------------------------------------■
テーマ:科学技術立国を支える問題解決教育-日本再生への産官学共創の人材育成-
日 時:2011年12月27日(火) 9:45~17:00
会 場:成城大学 3号館003教室
主 催:(社)日本品質管理学会、(―社)日本統計学会、応用統計学会、統計数理研究所
後 援:日本学術会議
    文部科学省、全国統計教育研究協議会、(財)統計情報研究開発センター
    経済産業省、総務省、東京都教育委員会、 他

  プログラムなど詳細は、下記をご参照ください。
申込み:URL http://www.jsqc.org/q/news/events/index.html
問合せ先:社団法人日本品質管理学会事務局
     E-mail: apply@jsqc.org TEL:03-5378-1506

**********************************************************************
      学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
**********************************************************************
====================================================================== 
 日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術誌等
への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方にお
読みいただけるようにお取り計らいください。  
======================================================================
 発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
    〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34   
Comments