日本学術会議ニュース・メールNo.433

=========================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.433 ** 2013/12/13
=========================================================================
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 公開シンポジウム「人口減少と日本社会‐ライフコース・社会保障・
                   地域経済の行方‐」の開催について(ご案内)
◇ 日本学術会議 近畿地区会議学術講演会
  「環境といのち ― 智恵なすわざの再生へ」の開催について(ご案内)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■-----------------------------------------------------------------------
 公開シンポジウム「人口減少と日本社会‐ライフコース・社会保障・
                   地域経済の行方‐」の開催について(ご案内)
-----------------------------------------------------------------------■
(開催趣旨)
  わが国の人口は今世紀中の持続的減少が確実視されている。この持続的人口
減少はまた超高齢化を伴ったプロセスでもある。これらの人口変動が経済・社会
全般に与える影響は大きく、特に年金や保健・医療制度を中心とする社会保障
制度や地域社会への影響は深刻かつ長期的である。このシンポジウムでは、人口
減少と高齢化がわが国の社会に与える影響について、1.今後の人口変動の展望、
2.人口変動と社会保障、3.人口高齢化と地域経済、という3つの視点から
総合的かつ多面的な検証を行う。


◆日 時:平成25年12月20日(金) 13時~18時

◆会 場:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34)

  司会 津谷 典子(日本学術会議第一部会員、慶應義塾大学経済学部教授)

  13:00~13:10  開会挨拶 津谷 典子(日本学術会議第一部会員、
                                              慶應義塾大学経済学部教授)

  13:10~14:10  報告1「わが国の将来人口推計」
                        金子 隆一(日本学術会議連携会員、
                           国立社会保障・人口問題研究所副所長)
                討 論:鬼頭 宏(日本学術会議連携会員、上智大学経済学部教授)

  14:10~15:10  報告2「人口変動と社会保障」
                        岩本 康志(日本学術会議第一部会員、
                   東京大学大学院経済学研究科教授)
                討 論:西村 周三(日本学術会議連携会員、
                                    国立社会保障・人口問題研究所長)

  15:10~16:10 報告3「人口高齢化と地域経済」
                        深尾 京司(日本学術会議連携会員、一橋大学経済研究所長)
                討 論:徳井 丞次(信州大学経済学部教授)

  16:10~16:20 休憩

  16:20~17:45 パネルディスカッション
  (モデレーター)  翁  百合(日本学術会議第一部会員、日本総合研究所理事)
   問題提起    樋口 美雄(日本学術会議第一部会員、慶應義塾大学商学部教授)
   (パネリスト) 金子 隆一(日本学術会議連携会員、
                              国立社会保障・人口問題研究所所長)
             岩本 康志(日本学術会議第一部会員、
                              東京大学大学院経済学研究科教授)
          深尾 京司(日本学術会議連携会員、一橋大学経済研究所教授)
          鬼頭  宏 (日本学術会議連携会員、上智大学経済学部教授)
          西村 周三(日本学術会議連携会員、
                              厚生労働省国立社会保障・人口問題研究所・所長)
          徳井 丞次(信州大学経済学部教授)

  17:45~18:00 総括 岩井 克人(日本学術会議連携会員、国際基督教大学客員教授)

   ※ 一般公開。参加費は無料。予約不要。
    詳細については、以下のURLを御覧ください。
    http://www.scj.go.jp/ja/event/index.html
       
    【お問い合わせ先】 
       津谷 典子(日本学術会議第一部会員、慶應義塾大学経済学部教授)
      E-mail:scjsection1@gmail.com
         
          日本学術会議事務局第一部担当 嶋津(TEL:03-3403-5706)

■-----------------------------------------------------------------------
 日本学術会議 近畿地区会議学術講演会
「環境といのち ― 智恵なすわざの再生へ」の開催について(ご案内)
-----------------------------------------------------------------------■
◆日 時:平成25年12月15日(日)14:00~17:30
◆場 所:京都大学芝蘭会館稲盛ホール
        (京都大学医学部構内・京都市左京区吉田近衛町)
◆主 催:日本学術会議近畿地区会議、京都大学
◆後 援:(公財)日本学術協力財団

◆趣 旨: 地球環境が大きく変動するなかで、気候、生態系、水環境など様々な
     ところで起きている変動の相互の関係を見直し、全体として問題を把握
     する必要が出てきています。共生を念頭に置いた地球規模での持続可能
     性について考えるべき時代だといえるでしょう。これは自然科学にだけ
     限られた課題ではありません。持続可能な社会実現のために、人間中心
     主義への反省や、自然・人間・文化の関係の見直しなど、文理融合的な
     発想で、課題解決への道を模索しなければなりません。山川草木すべて
     に宿る「生」、「いのち」とどう向き合うか、人類には何ができるのか、
     何を為すべきなのか-。人類の智恵なすわざを再生していくために、
     地球環境学、環境宗教学、薬学それぞれの立場から、人類の描くべき
     未来のデザインについてお話いただきます。
◆次 第:
       開会挨拶

         橋田 充(日本学術会議近畿地区会議代表幹事、
              京都大学大学院薬学研究科教授)
                三嶋 理晃(日本学術会議連携会員、京都大学理事・副学長、
                         京都大学大学院医学研究科呼吸器内科学教授・
                            京都大学医学部附属病院 病院長)
       講  演

        「人間にとって地球とは何だろうか?」
                安成 哲三(日本学術会議第三部会員、
                            人間文化研究機構・総合地球環境学研究所所長)
              「草木国土の声を聴く」
                岡田 真美子(日本学術会議連携会員、
                             兵庫県立大学環境人間学部・教授)
        「『自然・人間・文化』と薬」
                伊藤 美千穂(日本学術会議連携会員、
                京都大学大学院薬学研究科・准教授)

       閉会挨拶、総合司会
        鈴木 晶子(日本学術会議第一部会員、
               京都大学大学院教育学研究科・教授)

■ 参加費無料、どなたでも参加いただけます。
■ 詳細はこちら
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/179-s-1215.pdf
■ アクセス
  http://www.med.kyoto-u.ac.jp/shiran/kotsu/
  ご来場にあたっては公共交通機関をご利用願います。
■ お問合せ先:日本学術会議近畿地区会議事務局(京都大学研究国際部内)
              TEL:075-753-2041 FAX:075-753-2042
        Email:kensui.soumu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

---------------------------------------------------------------------------
  添付ファイル付メールの自動暗号化について
---------------------------------------------------------------------------

内閣府の情報セキュリティ強化の方針に基づき、本年10月17日以降当事務局から
送信する添付ファイル付メールについては、添付ファイルが自動暗号化される
場合があります。メールに添付されているファイルを開く際、パスワード入力
画面が表示される場合は、並行して届くメールに記載されているパスワードを
ご入力ください。

既に添付ファイルを開けない旨ご連絡をいただいた会員、連携会員の皆様に
つきましては、余計なご負担をかけないよう、事務局内で個別に自動暗号化を
解除する方法で送信するよう周知しております。
場合によっては、手違いにより自動暗号化された添付ファイル付メールが
送られる恐れがあります。その際は、大変お手数ではございますが、事務局まで
ご連絡いただきますよう、お願いいたします。

(ご連絡・お問い合わせ先)
日本学術会議事務局企画課情報係
 E-mail:p228@scj.go.jp  電話:03-3403-6295

★-----------------------------------------------------------------------☆
          日本学術会議では、Twitterを用いて情報を発信しております。
             アカウントは、@scj_info です。
        日本学術会議広報のTwitterのページはこちらから
http://twitter.com/scj_info
☆-----------------------------------------------------------------------★
***************************************************************************
        学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
     http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
***************************************************************************
===========================================================================
 日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術誌等への転
載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方にお読みいただけ
るようにお取り計らいください。
===========================================================================
  発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
Comments