日本学術会議ニュース・メールNo.442

==========================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.442 ** 2014/3/26
==========================================================================
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 公開シンポジウム「学士課程教育における文化人類学分野の参照基準」
  の開催について(ご案内)
◇ 公開シンポジウム「同性婚・パートナー法の可能性-オランダの経験から学ぶ」
  の開催について(ご案内)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■------------------------------------------------------------------------
  公開シンポジウム「学士課程教育における文化人類学分野の参照基準」
の開催について(ご案内)
------------------------------------------------------------------------■
(開催趣旨)
 日本学術会議は、文部科学省高等教育局長からの審議依頼に応えて平成22年に
とりまとめた回答「大学教育の分野別質保証の在り方について」に基づき、自ら
教育課程編成上の参照基準を策定する作業を、関連する分野別委員会において
行っている。地域研究委員会は「人類学分科会」において審議を行い、このたび
「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準文化人類学分野」
の原案がまとめられた。参照基準は、文化人類学ならびにその関連分野の教育
課程を設置する大学にいて広く利用していただくことが期待されている。この
シンポジウムは、日本学術会議内外から広く意見をいただき、それを最終案に
反映させるために開催するものである。

◆日 時:平成26年4月7日(月) 13:00~15:00
◆会 場:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34)
◆プログラム 
  挨拶・全体説明 
    山本 眞鳥(日本学術会議第一部会員、法政大学経済学部教授)
 司会
  窪田 幸子(日本学術会議連携会員、神戸大学大学院国際文化学研究科教授)

  1.報告(13:10~13:30 )
    鏡味 治也(日本学術会議連携会員、
        金沢大学大学院人間社会環境研究科研究科長・教授)
    山本 眞鳥(日本学術会議第一部会員、法政大学経済学部教授)

  2.討 論(13:30~15:00)
  コメント(13:30~14:15)
    小泉 潤二(日本学術会議連携会員、日本文化人類学会会長、
        大阪大学未来戦略機構特任教授、国際高等研究所副所長)
    山下 晋司(帝京平成大学現代ライフ学部教授)
    石田 慎一郎(首都大学東京都市教養学部准教授)
    本多 俊和(放送大学客員教授)

    ※ 一般公開。参加費は無料。予約不要。
      詳細については、以下のURLを御覧ください。
      http://www.scj.go.jp/ja/event/index.html       
  【お問い合わせ先】 
              山本 眞鳥(日本学術会議第一部会員、法政大学経済学部教授)
                  E-mail:scjsection1@gmail.com
                                             
       日本学術会議事務局第一部担当 嶋津(TEL:03-3403-5706)

■-----------------------------------------------------------------------
  公開シンポジウム「同性婚・パートナー法の可能性-オランダの経験から学ぶ」
の開催について(ご案内)
-----------------------------------------------------------------------■
(開催趣旨)
 同性婚制度の導入が世界各地で相次いでいる。平成25年だけでも4か国が制度の
導入を決定し、既存のパートナー法の取り扱いなど具体的な議論が始まっている。
他方、日本では同性婚やパートナー法の法制化に向けた議論は進んでおらず、
当事者らによる法制定の働き掛けも具体的な成果をあげられていない。この
シンポジウムでは、平成13年に世界で初めて同性婚制度を導入したオランダに
おいて、法制化の中心的役割を果たしたボリス・ディトリッヒ氏を迎え、日本に
おける同性婚・パートナー法の法制化の可能性を探る。

◆日 時:平成26年4月7日(月)14:00~17:00
◆会 場:日本学術会議5階会議室(地下鉄千代田線乃木坂駅前)
◆プログラム  
  挨拶・全体説明 (14:00~14:10)
   戒能 民江(日本学術会議第一部会員、お茶の水女子大学名誉教授)

  基調講演 (14:10~15:00)
   ボリス・ディトリッヒ (ヒューマンライツウォッチ・LGBT ディレクター、
                            元オランダ国会議員)

  報 告 者 (15:00~15:35)
   谷口 洋幸(日本学術会議特任連携会員、高岡法科大学法学部准教授)

  休  憩(15:35~15:50)

  コメント(15:50~16:20)
   紙谷 雅子(日本学術会議連携会員、学習院大学大学院法務研究科教授)
   廣瀬 真理子(日本学術会議連携会員、東海大学教養学部教授)
   大江 千束(特別配偶者法(パートナー法)全国ネットワーク共同代表)

  総合討論(16:20~17:00) 
   司会:谷口 洋幸(日本学術会議特任連携会員、高岡法科大学法学部准教授)
            ボリス・ディトリッヒ (ヒューマンライツウォッチ・LGBT ディレクター、
                                  元オランダ国会議員)
      紙谷 雅子(日本学術会議連携会員、学習院大学大学院法務研究科教授)
         廣瀬 真理子(日本学術会議連携会員、東海大学教養学部教授)
      大江 千束(特別配偶者法(パートナー法)全国ネットワーク共同代表)
           
            ※予約不要。一般公開。参加費は無料。
           
 【お問い合わせ先】
    戒能 民江(日本学術会議第一部会員、お茶の水女子大学名誉教授)
      E-mail:kaino.tamie@ocha.ac.jp

    日本学術会議事務局第一部担当 嶋津(TEL:03-3403-5706)

★-----------------------------------------------------------------------☆
          日本学術会議では、Twitterを用いて情報を発信しております。
             アカウントは、@scj_info です。
        日本学術会議広報のTwitterのページはこちらから
http://twitter.com/scj_info
☆-----------------------------------------------------------------------★
***************************************************************************
        学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
     http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
***************************************************************************
===========================================================================
 日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術誌等への転
載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方にお読みいただけ
るようにお取り計らいください。
===========================================================================
  発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
      〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
Comments