日本学術会議ニュース・メール No.471

==========================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.471 ** 2014/10/17
==========================================================================
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 日本学術会議 東北地区会議公開学術講演会
  「加速器科学が未来を拓く -医療・ものづくり・生命科学への応用- 」の
  開催について(ご案内)
◇ 学術フォーラム「ICTを生かした社会デザインと人材育成(社会デザインと
  多様性編)」の開催について(ご案内)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■-----------------------------------------------------------------------
 日本学術会議 東北地区会議公開学術講演会
「加速器科学が未来を拓く -医療・ものづくり・生命科学への応用- 」の
  開催について(ご案内)
-----------------------------------------------------------------------■
◆日 時:平成26年10月25日(土)13:00~16:30
◆場 所:岩手大学工学部テクノホール(盛岡市上田4丁目)
◆主 催:日本学術会議東北地区会議
◆共 催:岩手大学、日本学術会議同友会東北支部
◆次 第:
  13:00~13:10 開会挨拶
          堺 茂樹(岩手大学学長)

 13:10~13:30 主催者挨拶
         大西 隆(日本学術会議会長、豊橋技術科学大学学長)
         庄子 哲雄(日本学術会議東北地区会議代表幹事、
               東北大学未来科学技術共同研究センター
               フロンティア研究イニシャティブ教授)

 13:30~16:30 学術講演会
  (1) 基調講演「加速器科学の発展と東北放射光施設計画の概要」
    濱 広幸(東北大学電子光理学研究センター教授)
  (2) 医療「放射線を用いたがん治療」
    有賀 久哲(岩手医科大学放射線腫瘍学科教授)
  (3) ものづくり「放射光による工業材料分析」
    廣沢 一郎((公財)高輝度光科学研究センター産業利用推進室室長)
  (4) バイオ「放射光を利用したタンパク質結晶構造解析」
    中川 敦史(大阪大学蛋白質研究所教授)
  (5) パネルディスカッション
    パネリスト:岩崎 茜(日本科学未来館科学コミュニケーター)

 16:30~    閉会挨拶
         岩渕 明(岩手大学工学部機械システム工学科教授)

■ 入場無料、先着300名
■ 詳細はこちら
http://krs.bz/scj/c?c=105&m=20962&v=2135dade
■ お問合せ先:日本学術会議東北地区会議事務局
       (東北大学研究推進部研究推進課内)
        TEL:022-217-4840

■-----------------------------------------------------------------------
  学術フォーラム「ICTを生かした社会デザインと人材育成(社会デザインと
  多様性編)」の開催について(ご案内)
-----------------------------------------------------------------------■
◆日時:平成26年11月7日(金)13:30~16:30
◆場所:日本学術会議講堂
◆主催:日本学術会議(情報学委員会情報ネットワーク社会基盤分科会)
◆開催趣旨:ブロードバンドやスマートフォンなど、世界的にも類のないICT
 インフラが日本には存在するが、その有効な活用や新しい成長産業の創出は
 未だ十分とはいえない。
  特に、ICTによる新たなイノベーション創出のためには、幅広い分野の知恵
 を集めた新しい法や社会規範などの社会デザインができる人材が求められて
 いる。我々は、第1回目のフォーラムでは主として法曹界の方を招いて個人
 情報保護、なりすましなどの問題を技術、法律両面からディスカッションした。
 また、第2回目のシンポジウムでは、ICTにおける人材育成と、それが社会
 デザインにつながっていくのかどうかについて大学、政策担当者、学生や企業の
 立場など多角的な議論を行った。
  その結果、イノベーティブな高度人材など、多様性の受け入れ、活用について
 企業側の変革の必要性など、新たな問題の提起を行った。そこで、本フォーラム
 では、特に、多様性に着目しICTを生かした社会デザインとイノベーティブな高度
 人材育成について議論を行う。
◆次 第:
 13:30 挨拶
 13:40-14:20
 講演「イノベーションとダイバーシティ推進」 國井秀子(芝浦工業大学 学長補佐)
 14:30-16:30
 パネルディスカッション 
 コーデイネーター
  下條 真司(日本学術会議連携会員、大阪大学サイバーメデイアセンター教授)
 パネリスト 
  辻 ゆかり(日本学術会議連携会員、NTT西日本技術革新部 研究開発センター 
  所長)、
 尾家 祐二(日本学術会議会員、九州工業大学理事・副学長)
 関根 千佳(同志社大学政策学部教授)
 砂原 秀樹(慶應義塾大学大学院メデイアデザイン研究科教授)
 國井 秀子(芝浦工業大学 学長補佐)

◆申し込み方法 下記URLよりフォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。 
 (事前登録制)http://krs.bz/scj/c?c=106&m=20962&v=14d86c8d
◆問い合わせ先
 日本学術会議事務局学術フォーラム担当
 (〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34 TEL:03-3403-6295)

★-----------------------------------------------------------------------☆
          日本学術会議では、Twitterを用いて情報を発信しております。
             アカウントは、@scj_info です。
        日本学術会議広報のTwitterのページはこちらから
http://krs.bz/scj/c?c=107&m=20962&v=b153fc83
☆-----------------------------------------------------------------------★
***************************************************************************
        学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
     http://krs.bz/scj/c?c=108&m=20962&v=5308939c
***************************************************************************
===========================================================================
 日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術誌等への転
載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方にお読みいただけ
るようにお取り計らいください。
===========================================================================
  発行:日本学術会議事務局 http://krs.bz/scj/c?c=109&m=20962&v=f6830392
      〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
Comments