日本学術会議ニュース・メール No.529

==============================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.529 ** 2016/1/15                         
==============================================================================
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇国立公文書館 第4回企画展「生まれた。育てた。―母子保健のあゆみ-」のご案内
◇第16回アジア学術会議スリランカ会合 国際シンポジウム
 論文募集について【論文要旨(Abstract)提出期限の延長】
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■------------------------------------------------------------------------------
  国立公文書館 第4回企画展「生まれた。育てた。―母子保健のあゆみ-」のご案内
------------------------------------------------------------------------------■

国立公文書館 第4回企画展「生まれた。育てた。―母子保健のあゆみ-」のご案内

●展示概要
  本企画展では、近代以降、大きく改善された出産の安全と乳幼児の保健などに関する、
 当館の所蔵資料を中心に展示しています。
  閣議書等をはじめ、学術的に貴重な資料を用いて、幕末から明治前期にかけての西洋
 医学の本格的な受容にはじまり、戦前期の産婆教育、母子保健思想の芽生え、戦時下に
 おける国策としての母子保健、そして戦後から現在に至る母子保健までの、日本の母子
 健康に係る医療政策のあゆみをたどります。

※詳細はこちらの国立公文書館ホームページをご覧ください。
http://www.archives.go.jp/exhibition/

●企画展
会  期:平成28年1月9日(土)~3月5日(土)
開館時間:月~土(日・祝日は休止) 午前9時30分~午後5時
会  場:国立公文書館 本館
入場料:無料
展示会場内の大型タッチパネルでは、日本医師会よりご提供ただいた動画「赤ひげのいる
まち」を上映しています。
この他、企画展の見どころを企画者が解説するギャラリー・トークを行います。
・所要時間30分程度
・事前申込不要
・当日、本館1階展示ホールにお集まりください。
・日 時:1月20日(水)午後2時から
     2月27日(水)午後2時から
お問合せ先 
 〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園3-2
電話:03-3214-0621(代表)  FAX:03-3212-8806

●国立公文書館「友の会」会員も募集中です。
お申込方法等については、国立公文書館をホームページをご覧ください。
(http://www.archives.go.jp/guide/member.html)

■------------------------------------------------------------------------------
  第16回アジア学術会議スリランカ会合 国際シンポジウム
 論文募集について【論文要旨(Abstract)提出期限の延長】
------------------------------------------------------------------------------■

日本学術会議会員、連携会員及び協力学術研究団体各位

      第16回アジア学術会議スリランカ会合 国際シンポジウム
      論文募集について【論文要旨(Abstract)提出期限の延長】


                        アジア学術会議事務局長
                               吉野 博

※論文要旨(Abstract)提出期限を、当初の2016年1月10日から同年1月31日へ延長し
ました。


■概要
 第16回アジア学術会議(SCA)スリランカ会合は、2016年5月30日(月)から
6月1日(水)まで、スリランカのコロンボで開催されます。
  このうち、5月31日(火)及び6月1日(水)には、以下をテーマとした国際シンポジ
ウムを開催します。
(テーマ)
Science for the People : Mobilizing Modern Technologies for Sustainable Development in Asia

(サブテーマ)
1.Opportunities in mobilizing Biotechnology, Information Technology,Nanotechnology and Renewable Energy Technologies for National Development

2.Social Dimensions of these technologies: Challenges faced by Asia in their exploitation, Risks from applying the technologies, Protection and preservation of cultural heritage

3.Climate Change: Mitigation of and Adaptability to the Impact of Climate Change, Sustainable Development for Built Environment,Prevention of Natural Disaster

 シンポジウム主催者であるスリランカ科学アカデミー(NASSL)では、このテーマに即した
科学的研究の成果について広く論文を募集致します。
 公募した論文につきましては、審査の上、第16回アジア学術会議国際シンポジウムの機会
に発表・議論の場を提供いたします。


■スケジュール
  2016年1月31日: 論文要旨(Abstract)提出期限
  2016年2月15日: 審査結果通知
             (Notification of acceptance as oral presentation/poster)
  2016年4月30日: 発表用資料提出期限

■第16回アジア学術会議スリランカ会合国際シンポジウム
  日 程:2016年5月31日~6月1日
  会 場:Hotel Galadari(コロンボ、スリランカ)
  主 催:スリランカ科学アカデミー (National Academy of Sri Lanka)ほか

■第16回アジア学術会議スリランカ会合及び論文募集の詳細については
以下をご覧ください。
・FIRST CIRCULAR(日本学術会議事務局HP内掲載)
    http://www.scj.go.jp/ja/int/sca/index.html
http://www.scj.go.jp/ja/int/sca/16th_1st_circular.pdf
・スリランカ科学アカデミー (National Academy of Sri Lanka)
   http://nas-srilanka.org/

★-----------------------------------------------------------------------☆
 日本学術会議では、Twitterを用いて情報を発信しております。
          アカウントは、@scj_info です。
        日本学術会議広報のTwitterのページはこちらから
http://twitter.com/scj_info
***************************************************************************
       学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
***************************************************************************
===========================================================================
 日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術誌等への転
載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方にお読みいただけ
るようにお取り計らいください。
 本メールは、配信専用のアドレスで配信されており返信できませんので、あらか
じめご了承ください。本メールに関するお問い合わせは、下記のURLに連絡先の記
載がありますので、そちらからお願いいたします。
===========================================================================
  発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
     〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
Comments